新着情報

新築一戸建てと中古一戸建ての違いについて

新築と中古はどちらが賢い選択なのでしょう。ネットの記事を見ますと「新築VS中古」でメリット・デメリットがズラズラズラーっと紹介されていて目を通すだけで疲れてしまいそうです。最新設備の整った新築物件は実際に入居してみないと隣人の様子や日当たり、音漏れの度合いなどがわかりにくいといった特徴があります。一方中古物件は駅から近いなど立地がよく同じ予算ならば新築に比べて断然広い部屋に住むことができます。ただ中古物件は個人が売主になることが多いのでアフターケアなどの保証は期待できない場合もあるようです。

中古一戸建てを購入する場合の注意点について

住宅を購入する方法の1つに、中古一戸建てがあります。中古一戸建ては新築などに比べた場合にはコスト面でも押さえることができ、場合によって考えた以上の物件を入手できることもあります。また、新しいもの固執をしない場合などでは、余裕資金で改装やリノベーションを行うことができ、魅力的なライフスタイルにつなげることができるようになります。 中古一戸建てには、多くのメリットがある反面、購入をする場合には注意点があることも認識をしておくことが大切なことになります。まず、1つ目としては、物件履歴があります。物件履歴とは、築年数も含めて構造や使用材料、また、設備などといった内容のことを指し、当時の設計図書がある場合にはある程度の判断をすることができますが、そうでない場合には見えない部分に関して判断をすることができず、購入にはリスクが伴うことになります。第三者に受託診断を委託をする方法もありあすが、購入前には業者が断る場こともあり、そのために、事前に調査が行われているか評判のよい業者を選ぶ必要があります。また、事前調査に関しても積極的に対応を行ってくれる業者を選ぶ必要があり、購入後における瑕疵担保に関しても文書で提示をしてもらうことも重要になります。 中古一戸建てでは、築年数や見える部分だけでなく、構造、内部結露、シロアリ、配管関係が1つのポイントとなることも認識をしておく必要があります。

3156 6/4

Copyright ©All rights reserved.中古一戸建てを購入する場合の注意点について.